家の冷蔵庫にある野菜を好きな量だけお鍋に入れます。おすすめはキャベツ、もやし、人参、じゃがいも、トマトやなんでもいいです。
この野菜を大きさ、量は自由です。本当に適当で大丈夫です。野菜をお鍋に入れた後水を適当に入れます。これも適当で大丈夫です。
煮ていたらお野菜から水分が出てくるので少なめでもいいですし、ストックをしたかったら多めでいいです。

そしてその中にコンソメキューブ2つとみりん大さじ2程入れて沸騰させてから約15分中火で煮るだけで簡単ダイエットスープの完成です。
このスープでいろんな野菜が摂取できますし味も美味しいですし、我が家の4歳の娘からも好評です。
娘はトマトを生で食べるのが苦手なのですがこうやってスープにするともりもり食べてくれます。

みりんをケチャップにするともっと食べてくれます。
ダイエット中私は夜にこのスープだけ食べて過ごしていますが満腹感も得られるのでお腹も満たされます。とてもお勧めです。

減量には、にぼしいりこがおすすめ

つい間食をしてしまうなら、いつも食べられて栄養があって日持ちがする食材を携帯しておくことが有効です。
ゼロカロリー食品やジャンクフードなど、カロリーのないものや栄養の希薄なものを食べても必要な栄養が満たされないので、
気分ばかりが悪くなって、満腹感も満足感も得られないので、必要な栄養はしっかり採って、余計なものは食べない食生活に切り替えることが重要です。
具体的には、にぼしをおすすめします。

安い、開封後も日持ちがする、調理の必要がない、栄養がある、料理にも使えるしそのままでも食べられる、
タンパク質の塊であり、魚なので当然糖質はゼロ、脂質もほぼゼロである、出汁につかわれるだけあってうまみの塊であり、
食べておいしいという喜びがある、などなど、減量中だけでなく、日常の食糧としても非常食としても非常にすぐれた食材です。

かつおぶしでも良いですが、カツオに比べるとイワシのほうが安価ですし、鰹節は固いので削らないと食べられないのに比べて、
にぼしは小魚なので食べやすく、魚の丸ごとの旨味が凝集しています。

パンの代わりに薄あげを用いたピザ

ピザトーストといえばほんとうにおいしいですが、ダイエット中においては特にパンのカロリーの高さと糖質の含有量の多さが気になるところです。
そこでパンの代わりに薄あげを使うとそのような問題は解決できます。薄あげをパリパリにして脂分を抜くとカロリーは少なくなります。
パリパリにした薄上げの上にハム、チーズ、野菜などをのせてケチャップをかけると、ボリュームたっぷりになって満足感を味わうことができます。

本来のパンならば糖質が多くてダイエットには適しないですが、薄あげならば大豆たんぱくが主なのでダイエット中の人にとってはぜひ使いたい材料です。
ダイエットにおいて糖質と大豆たんぱくの違いは大きいです。ただパンと比べると薄あげはどうしてもボリュームが少ないイメージがあるが、
のせる具を工夫するとそのような物足りなさをカバーできます。
特にベーコン、ハムはこってり感が漂うのでぜひ使う価値があります。

ベーコンは確かに脂分が多くてカロリーが高いですが、糖質の含有量は少ないです。
何がともあれ、ピザにおいてはパンの代わりに薄あげを用いることによって、
カロリー制限と糖質制限ができてダイエット中でも存分にピザをおいしく味わうことができます。