運動ゼロ!簡単な食事制限で半年で5キロのダイエットに成功しました。私は食べるの大好きで、普通の女性より食べる量も多い方だと思います。
ですので、過度な食事制限は無理だと考えました。そこでまず、1週間に1度だけ、好きなものを好きな量食べてOKな日をつくりました。

食べてOKな日は大好きなパスタをよく食べに行っていました。それ以外の日ですが、基本は自炊しました。
野菜を多めで、肉を食べないように気を付けました。よく作っていたのが、焼うどんでした。
キャベツときのこたっぷりでお腹を満たしました。お昼も会社にお弁当を持っていきました。

わたしの会社は、昼と15時に休憩があったので、お弁当を昼で半分、15時で半分食べるようにしました。
すると15時のおやつを食べる必要もないですし、仕事終わりにお腹が空いた~なんてこともなく、夕食も落ち着いて食べられました。
毎日これの繰り返しで半年で5キロのダイエットに成功し、人生初のモテ期を迎えることができました。

毎月1回の簡単な酵素ファスティング!

毎月1回の酵素ファスティングを、4ヶ月連続で実践してマイナス4キロ、体脂肪もマイナス3%しました!
ファスティング期間は3日間ですが、完全に酵素ドリンクのみで過ごしたのは、2日目の1日間のみです。
その前後、2日間は酵素が多い食事(私の中でOKフードと言っています)を8分目程度に食べるようにして過ごしました。

3日間は酵素ドリンクと水を2リットル飲むことを意識して取り組み、無理のない範囲での筋トレやマッサージを行いました。
その結果、体重や体脂肪は減りましたが、筋肉量はキープ!見た目の浮腫み感が減りました。
数値以外の嬉しい結果としては、身体が疲れにくくなったこと。そして、薄味のものが好きになったことです。

ファスティング3ヶ月以上続けると、血液細胞からデトックスできると聞いていたので4回行いましたが、花粉症が大幅に軽減されました!
ファスティングのイメージは、食べずに過ごしてつらい思いをするだろうな…と思っていましたが、
酵素ドリンクを摂取していたので空腹感が全くなかったのが成功のポイントかなと感じます。
食べすぎた次の日からリセット感覚で行えるくら手軽なので、だれでも始めやすいと思います。

ご飯のときを変えないから簡単にダイエット

ダイエットといってもご飯は食べたいと思います。
ご飯を抜くと簡単に体重を減らすことができますが、夜になるとお腹が空いたりしますのでご飯はとても大切な役割があります、
また、ダイエットを行うときにエネルギーが必要ですのでご飯は取らないといけません。

そのご飯と一緒にえのきを入れて炊くと食物繊維が加わりダイエット効果があります。
血糖値を抑える効果もあります。通常のご飯と同じように炊飯するだけでいいので家事の負担にもなりません。
簡単でできるので長続きします。また、そのほかにも嬉しなポイントがお金です。えのきは100円程度で購入することが出来ます。

家計の負担にもなりません。また、どこでも手に入るので何も問題ありません。また、仮に途中で飽きた場合は炊き込みご飯にすればいいのです。
しかし、そこで醤油や砂糖など使用すると問題です。一番良いのは大葉やミョウガなどです。
特におすすめが生姜です。健康にもいい生姜を食べると一石二鳥です。

妊娠から出産。久しぶりにに友達に会って。

私は妊娠する前は今より15キロ痩せていました。出産して、母乳で育てればすぐに戻ると思っていました。
妊娠して出産しても数キロ減っただけてした。私は痩せるときはきっかけがないとなかなか痩せれなく、続かないです。
出産してまだ太っているときに結婚式があり、久しぶりに高校生の友達に会い、結婚式のあとにみんなと飲みに行き、また集まって遊ぶようになりました。
久しぶりに外の世界に出て、二回りも太くなった自分、着る服もなく、このままじゃダメだと思いダイエットを始めました。

まずは朝、昼ごはんは普通に食べました。夜はご飯は抜きでおかずのみ、野菜多めに食べました。
炭水化物が大好きな自分、それにダイエットで一番のストレスなのは私はご飯が一番のストレスになってしまうので、
朝、昼はしっかり食べ、夜は炭水化物を食べないにしました。

あとは運動です。カーヴィンダンスのDVDが家にあったので夕方毎日踊りました。
一回30分、その時は6月だったのでいっぱい汗をかくことができました。そのおかげで10キロ無事やせることがでかきました。

食材名と栄養成分量を記録する、定量的な糖質ダイエット

基本的には。よく行われている、メモダイエットと糖質ダイエットの組み合わせです。
まず、700種類以上の食材の100g当たりの栄養成分表を作成しました。
項目は、炭水化物、糖質、食物繊維、カロリー、タンパク質、脂質、水分、飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、多価不飽和脂肪酸などです。

朝・昼・夜の三食ごとに、摂取した食事に含まれる食材の重量を記録しました。
エクセルを使って、毎食ごとの栄養成分が何グラムあったかを算出しました。
目安として、一日当たりの摂取量は、炭水化物200g、たんぱく質100g、脂肪40gを基準としました。

間食は一切しませんでした。さらに、一日1~2時間程度の有酸素運動と筋トレを継続しました。
当初、私の体重は80kg近くありましたが、9か月後には、体重が61kgまで減少し、体脂肪率が9%になりました。
おかげで長年悩まされてきた腰痛から解放され、健康診断での血液検査の結果は、医師からは<理想的>と言われます。

しかし、私の年齢からすると体脂肪率を下げ過ぎたような気がしたので、
今は、栄養摂取基準を少し緩和して、体脂肪率が15%を超えないように気を付けて暮らしています。

もう7年ほどこの方法を続けていますが、継続できている理由は、きちんと表にして結果が可視化できるように毎日記載を続けてことにあるのかと思います。
個人的なものではありますが、健康データとして意味があるでしょうし、やめるのがもったいないような気がしていますので。